ネタバレ感想・考察

糸(映画)のネタバレあらすじ結末をラストまで!感想・口コミも

1998年に発売された中島みゆきさんのヒット曲「糸」をモデルとした映画「糸」が2020年8月21日から公開されています!

主演は人気俳優の菅田将暉さんと小松菜奈さん。男女ふたりの物語はどんな結末を迎えるのでしょうか。

 

▼この記事でわかること

  • 映画『糸』のネタバレあらすじ
  • 映画『糸』のレビュー感想・口コミ



映画『糸』の作品情報

『糸』

  • 監督:瀬々敬々
  • 脚本:林民夫
  • モチーフ曲「糸」作詞作曲/主題歌:中島みゆき
  • 音楽:亀田誠治
  • キャスト:菅田将暉、小松菜奈、山本美月、高杉真宙、他
  • 公開年:2020年
  • 上映時間:130分



映画『糸』のネタバレあらすじ(ストーリー)

映画『糸』のあらすじ

舞台となるのは北海道で、13歳の高橋漣(菅田将暉)と園田葵(小松菜奈)が主人公です。

2人は、互いに初めての恋に落ちます。

しかし、ある日、突然園田葵が行方不明になります。

彼女は、養父の虐待から逃れるために、まるで夜逃げのように町を出たのでした。

それを知った高橋漣は、夢中で園田葵を探し出し、駆け落ちをしようとします。

しかし、13歳の高橋漣は、警察に保護され、園田葵は母親と一緒に北海道から去ってしまいます。

それから8年間、高橋漣は地元のチーズ工房で働きます。

 

映画『糸』のネタバレあらすじ(ラスト・結末まで)

※ネタバレを含みます

高橋漣と園田葵は、友人の結婚式で8年ぶりに再開しますが、その時にはお互いに別々の人生を歩んでいました。

漣は香という女性と結婚しましたが、香は亡くなってしまいました。

漣は、チーズの研究を続けながら、娘の結を1人で育てています。

チーズのコンクールにチャレンジし続けていたのですが、なかなか受賞できません。

そんな時、失敗作のチーズをフードプロセッサーにかけていると、娘の結がそれを「おいしい」というのです。

そこからヒントを得て、新製品の「フロマージュ・フレ」を考案し東京の三つ星レストランのシェフから高い評価を受けます。

一方、東京のネイルサロンで働いている葵のところに冴島がやってきます。

冴島は、一度会社の破綻を経験しましたが、シンガポールで頑張りエステの会社を立ち上げたのです。

冴島は、一緒に働いてもらおうと、葵の所在を探し出して誘いに来たのです。

葵は冴島にシンガポール行きのチケットを渡します。

それに対して、葵の心は揺れ動きます。

葵は、ふとしたことで、彼女が幼少時代にご飯を食べていた「子供食堂」を思い出し、その場所を訪れます。

店主のおばあさんは、葵のことを覚えていて、「おかえり」と優しく声をかけてくれます。

かつてと変わらぬおばあさんの優しさと食事の美味しさに、子どものように泣き出してしまいます。

そんな時、葵の背中を優しく抱きしめてくれた子どもがいました。

それは、結でした。そう、結は漣の娘です。

葵は店のおばあさんから、結が漣の娘で、漣の妻が亡くなったことを聞かされます。

彼女は去ってししまいますが、漣は結から葵が子供食堂に来たことを聞き、車を飛ばして追いかけます。

そして、フェリーターミナルで、葵の名を叫びながら探し回り、2人はやっと再開し、お互いの気持ちを確かめったのでした。



映画『糸』のネタバレレビュー・感想

映画『糸』のネタバレレビュー①

※ネタバレを含みます

 4.0

何度も涙が溢れ止まらなかったけれど、幸せを信じられずにはいられない素敵な映画でした。

葵は何度も漣とすれ違って、挙句恋人の水島や親友の玲子にも裏切られて、カツ丼を食べながら泣いてしまうシーンには感情移入せずにいられませんでした。

最後に二人が幸せに結婚式をあげているところは、現実でも菅田さんと小松さんが交際していることも相まってとても幸せな気持ちになれます。

メインの漣と葵はもちろん、香もとても魅力的なキャラクターです。

ガリガリになってしまった榮倉奈々さんの姿に役者の底意地を見せられましたし、娘に「泣いている人がいたら抱きしめてあげて」と言う台詞を聞いて、私もそんなふうに言える人になりたいと思いました。

たとえ物語はフィクションであっても、大切な人との糸は繋がり続けているのだと信じたくなります。(20代女性)

 

映画『糸』のネタバレレビュー②

※ネタバレを含みます

 4.0

ストーリーにしつこさがないし純粋に観やすい映画です。

片思いしてたことがある方なら共感できたり、ウルッとくるシーンも沢山あります。

一つ一つのピースには色々な工夫が施されていて、最後まで一気に見られる内容です。

また、菅田さんと小松さんの映像美が素晴らしかったです。

成田さんのただ普通に生きたいだけなのにというセリフは心に染みる部分があり、普通に過ごせることは、幸せなことがあったときにそれがわかると痛感します。

北海道、沖縄、シンガポールなど、今は旅行に行けない中で、沢山の美しい景色が映像も見所です。

死にものぐるいで駆け抜けた平成という時代を自身の人生もシンクロさせながら観られる映画でもあります。(30代女性)

 

映画『糸』のネタバレレビュー③

※ネタバレを含みます

 5.0

1番の見どころはラストのシーンです。

小松菜奈さんが演じる園田葵が久しぶりに訪れた思い出の場所で昔に食べた料理を口にしてこれまでの辛さと悔しさから涙を流します。

しばらくすると、菅田将暉さんが演じる高橋漣もその場所にやってきます。

でもその時には園田葵はもういなくて。

代わりに高橋漣の娘が園田葵と会ったことを彼に言うんです。

すると高橋漣は店の外に走って行こうとするんですけど、一旦足を止めてしまいます。

けれどそんな彼に娘が、亡くなった妻と同じ仕草をするんです。

それから止まっていた想いを胸に、高橋漣は再び走り出します。

それがすごく、カッコよく感じました。(20代男性)

 

映画『糸』のネタバレレビュー④

※ネタバレを含みます

 5.0

この映画を観終わって、立ち上がろうとすると、笑顔の集合写真が現れます。

この写真が、全てを語っていて、涙が出ました。

運命の糸がつながり合った最高に幸福の瞬間なのでしょう。

映画の後半の最重要部分である、糸の切れたような菅田と小松が、いつ本当に再会できるのかは、とてもハラハラドキドキでした。

もういい加減会わせてあげて、と祈った瞬間、見事に再会するのです。涙爆発です。

中島みゆきさんの歌には「なぜめぐり逢うのかを私たちは何も知らない」とありますが、もしそれが全て知っていたとしたら、人生はつまらないものになるでしょう。

知らないからこそ人生は楽しいのです。

しかも感謝する心さえあれば、どんな困難も乗り越えられるということを、教えてくれる秀逸な映画でした。(60代男性)

 

映画『糸』のネタバレレビュー⑤

※ネタバレを含みます

 5.0

とにかく涙が止まらない映画でした。

小松菜奈さん(園田葵)が親の身勝手さに振り回され傷つけられ、助け合った仕事のパートナーには裏切られすごい人生ですが、温かい帰る場所がありココはお前のいるべきところではないと導いてくれた人もいました。

菅田将暉 さん(高橋漣)は幼少期から大胆で頼もしい姿で小松菜奈さん(園田葵)を何度も救おうと頑張っていましたが、園田葵の「帰りたくない。」の言葉の意味をくみ取れなかった後悔は大きかったことでしょう。

榮倉奈々さん(桐野香)と出会い結婚し子供もできているのに、榮倉奈々(桐野香)と結ばれないの!?とは思いましたが、榮倉奈々さん(桐野香)も人間離れしてるほど素敵な人で神様のような存在です。

漣と香の子供(稲垣来泉)もまた温かく素直で、小松菜奈さん(園田葵)と菅田将暉 さん(高橋漣)の糸をつなぎ合わせてくれた大きな存在です。

映画「糸」を見て運命の恋はあると信じたくなりました。

糸は時に“ほつれたり”時に“切れたり”するけれど、必ず何かに“繋がる”。

最高の作品で「ファイト」も映画にピッタリでした。(20代女性)



映画『糸』はどんな人におすすめしたい映画ですか?

  • 感動ものが好きな人
  • ヒューマンドラマが好きな人
  • 大人の男女は勿論、過去に好きな人と結ばれなかった
  • 過去に恋愛で不完全な終わり方をしてしまった人
  • 失恋している人
  • 人生に行き詰まっている
  • もちろんポジティブ思考の人にも観てほしい
  • 忘れられない人がいる人

 

映画『糸』が好きな人におすすめの映画は?

  • 8年越しの花嫁 奇跡の実話
  • ハナミズキ
  • 恋空
  • 弥生、三月 君を愛した30年
  • いつか誰かを暖めうる

 

映画『糸』の口コミ

 

「泣ける映画だった」「すごく感動した」という口コミが多かったです!

キャストの菅田将暉さん、小松菜奈さん、成田凌さんらキャストもとても豪華で、お目当てに見に行かれた方も多いようです^^




まとめ

糸(映画)のネタバレあらすじ結末をラストまで!感想・口コミも!と題し紹介させて頂きました。

 

ネタバレ感想では、泣きたい人、感動したい人におすすめの映画とのことで、特にラストの結末はずっと涙が止まらなくなりそうです!

糸(映画)のロケ地はどこ?撮影場所の目撃情報や口コミを調査! 映画「糸」は、中島みゆきさんのヒット曲「糸」をモデルとした映画で、菅田将暉さん主演で2020年8月21日から公開されています。 ...